最近のコメント

    ブラック企業はモーレツ社員が支えている?

    バブル時代も、海外から批判されるほど労働時間は長かったし、社員のプライベートに干渉をしてくる風潮もいくらでもありました。

    労働時間の長さだけなら、日本にある企業は何年も前から変化がないと考えて良いでしょう。そのような経緯もあって、会社員も「モーレツ社員」という立場において、自分の自由な時間を差し置いて仕事を優先することができていました。「この会社についていけば、一生安泰」と認識していたので、働きっぱなしでも耐えられたのです。
    かつては、企業側は「御恩」として高い保障を与えていました。

    だから、働き手も「奉公」としてプライベートを侵食されることに反論をしてきませんでした。それにも関わらず、現在のブラック企業は「御恩」なしで長期間労働などをさせているのです。

    しかしながら、事実かつてからの会社にもブラック労働を強いている企業は見られます。

    残念でならないですが、大手の食品メーカーでも、ここ最近では立て続けに過労で倒れる人が出ています。

    ブラック企業として「新興企業」を挙げる事があります。

    すなわち、中小企業はブラック企業として見なされません。

    確かに、ベンチャー企業は求人のスピードを上回る速さで伸びているために、ブラック労働を強いてしまいがちです。

    Leave a Reply

      

      

      


    *

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>