最近のコメント

    テレビで批判を受ける違法労働企業

    まずは「業種」が判断基準です。どんな業界にブラック企業が多いか、傾向を見てみよう。

    過労者が出ているのはやはり飲食の世界です。

    過酷なスパルタな指導の様子がテレビで報道され、批評された事もあります。

    数では現れにくい一面もあるのですが、理系専攻の学生のもっぱらの就職先であるIT(ソフトウェア開発)業界も、就労者から見ると、リスクの高い業界に入ると言えるのです。これは心象だけの話ではなくデータ上でも分かることです。

    たちの悪い賃金未払い事例は、小売や接客業でひときわ多数あることは数字上でも確認できます。
    また小売の世界では、大手アパレルの会社を辞める人の率が50%にのぼることが報知されています。

    といったように、飲食業や小売り業はブラックな会社がよくあるというのが通常の見方と言えるでしょう。特に気を付けたいのが異常にテンションが高めの企業です。
    社員みんなで決めポーズをしている写真を使っていたり、安易に「気合」「根性」「感動」などの不明確な目標をかかげている会社は注意が必要でしょう。そのような企業ではノルマが大変で、プレッシャーを感じることが多い傾向があるため、避けるべきです。

    Leave a Reply

      

      

      


    *

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>