最近のコメント

    給与の割り増しに気をつけよう

    お給料の失効するのは基本2年です。

    直近で催促する考えがなくてもリスクヘッジのために今から勤務時間の記録を残しておきましょう。

    次に問題となるのは給与の割り増しです。 22時を超えての深夜労働や1日8時間以上の労働時の規定以上の労働時間に関してはあるレベル以上の割り増しをするように法律にあるのです。そのため、「23.5時間勤務した場合の給料ですので13

    500円だけを支払う」というのは残業代や深夜割り増しの不払いとなります。もし残業代がきちんと払ってくれない企業に入ったら、勤務時間の記録を自らとるようにしましょう。会社の記録は偽造されることも、包み隠されることもあるからです。

    労働時間は給与だけでなく心身にも影響を与えるので労働者全員に記録をとっていただきたいです。

    サラリーは、労働時間に応じて支払うことが義務づけられています。

    余談ですが、分単位で計算されなければいけないので、15分間隔でしか残業を付けられない仕事場はすなわち法を破っていることになります。

    もしブラックな職場に入社した後に法に背いている「固定残業代」に気がついた場合、未払い残業代と等しく払っていない金額を要望することが可能です。

    テレビで批判を受ける違法労働企業

    まずは「業種」が判断基準です。どんな業界にブラック企業が多いか、傾向を見てみよう。

    過労者が出ているのはやはり飲食の世界です。

    過酷なスパルタな指導の様子がテレビで報道され、批評された事もあります。

    数では現れにくい一面もあるのですが、理系専攻の学生のもっぱらの就職先であるIT(ソフトウェア開発)業界も、就労者から見ると、リスクの高い業界に入ると言えるのです。これは心象だけの話ではなくデータ上でも分かることです。

    たちの悪い賃金未払い事例は、小売や接客業でひときわ多数あることは数字上でも確認できます。 また小売の世界では、大手アパレルの会社を辞める人の率が50%にのぼることが報知されています。

    といったように、飲食業や小売り業はブラックな会社がよくあるというのが通常の見方と言えるでしょう。特に気を付けたいのが異常にテンションが高めの企業です。 社員みんなで決めポーズをしている写真を使っていたり、安易に「気合」「根性」「感動」などの不明確な目標をかかげている会社は注意が必要でしょう。そのような企業ではノルマが大変で、プレッシャーを感じることが多い傾向があるため、避けるべきです。

    ブラック企業はモーレツ社員が支えている?

    バブル時代も、海外から批判されるほど労働時間は長かったし、社員のプライベートに干渉をしてくる風潮もいくらでもありました。

    労働時間の長さだけなら、日本にある企業は何年も前から変化がないと考えて良いでしょう。そのような経緯もあって、会社員も「モーレツ社員」という立場において、自分の自由な時間を差し置いて仕事を優先することができていました。「この会社についていけば、一生安泰」と認識していたので、働きっぱなしでも耐えられたのです。 かつては、企業側は「御恩」として高い保障を与えていました。

    だから、働き手も「奉公」としてプライベートを侵食されることに反論をしてきませんでした。それにも関わらず、現在のブラック企業は「御恩」なしで長期間労働などをさせているのです。

    しかしながら、事実かつてからの会社にもブラック労働を強いている企業は見られます。

    残念でならないですが、大手の食品メーカーでも、ここ最近では立て続けに過労で倒れる人が出ています。

    ブラック企業として「新興企業」を挙げる事があります。

    すなわち、中小企業はブラック企業として見なされません。

    確かに、ベンチャー企業は求人のスピードを上回る速さで伸びているために、ブラック労働を強いてしまいがちです。