最近のコメント

    糖質カットダイエットは危険?

    実のところ糖尿病にとっても糖質制限には注意が大切です。日本の糖尿病に関する食事療法に際しては、日本糖尿病学会が炭水化物のみを厳しくコントロールすることの医学的根拠が乏しいとした提案をしています。糖質をなくすダイエット法には、「低インスリンダイエット」という名前で呼ばれるものもあります。糖質カットは漠然として思い描くことができるけど、低インスリンと突然いわれても考え付かないとなる人もいるかもしれません。 その糖質を過大に取り入れてしまうことが、肥満の原因の一つになってしまうのです。そこで摂取量を従来の半分、3分の1に変えれば、次第に痩せていくことは想定できます。しかし、そのことは医者の世界では認められているわけではなく、筆者の自説です。

    いくらなんでも極端な説で「医師が言ってはいけない」といった批判的な意見も上がっています。

    “炭水化物を、極力控える”といったダイエット法は、肥満体型の人に医師が伝えるアドバイスの一つとして知られています。それには理由があり、肥満体型の方は、ほぼ、炭水化物を摂取しすぎる傾向にあるからです。

    ダイエット食品はマスメディアが作り出す

    飲んでいるだけで細くなると掲げるダイエット食品などは、相変わらず売られていることが多いですが、信ぴょう性が胡散臭いものが存在しています。

    視聴率がアップするというだけで、我々の健康を深刻化させるような情報を平然と流す、メディアの一角の適当な報道の取り組み姿勢をみなさんは理解することとなりました。 これをトリガーとなり、この局とは別のバラエテイ関係の番組で取り扱われたダイエット法でも、データ改ざんが次々に露見。政府の警告を受けて、テレビ局の代表取締役が辞職する事態へと進展しています。テレビ関係でダイエット食材を話題にあげようものなら、翌日は、日本全体のスーパーなどの陳列からすべてなくなってしまうなど、かなりの人がテレビのダイエット情報に注意しています。例えると書店の健康コーナーの棚には、さまざまな扇情的な題名のダイエット本がたくさん陳列されています。うたい文句も「わずか1ヶ月で10キロ痩せた!」などすごく豪華です。