最近のコメント

    給与の割り増しに気をつけよう

    お給料の失効するのは基本2年です。

    直近で催促する考えがなくてもリスクヘッジのために今から勤務時間の記録を残しておきましょう。

    次に問題となるのは給与の割り増しです。
    22時を超えての深夜労働や1日8時間以上の労働時の規定以上の労働時間に関してはあるレベル以上の割り増しをするように法律にあるのです。そのため、「23.5時間勤務した場合の給料ですので13

    500円だけを支払う」というのは残業代や深夜割り増しの不払いとなります。もし残業代がきちんと払ってくれない企業に入ったら、勤務時間の記録を自らとるようにしましょう。会社の記録は偽造されることも、包み隠されることもあるからです。

    労働時間は給与だけでなく心身にも影響を与えるので労働者全員に記録をとっていただきたいです。

    サラリーは、労働時間に応じて支払うことが義務づけられています。

    余談ですが、分単位で計算されなければいけないので、15分間隔でしか残業を付けられない仕事場はすなわち法を破っていることになります。

    もしブラックな職場に入社した後に法に背いている「固定残業代」に気がついた場合、未払い残業代と等しく払っていない金額を要望することが可能です。

    Leave a Reply

      

      

      


    *

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>