最近のコメント

    ワキガの早熟化について

    わきの下にあるアポクリン腺が多い人の場合は、わきの下じゃない部位に存在するアポクリン腺における機能も強まるみたいで、腋臭症の患者の耳の孔をチェックした場合に、外耳道にある腺が影響して、耳垢が軟らかい人をよく見ます。

    それでは、わきの下においてのにおいの強さの状態は何によって決定されるのでしょうか。
    言い換えれば、この点がワキの臭いにしばしばなる人の特色を示すことにもなるのです。実のところアポクリン腺は、性腺機能と深く関係があり、発達しはじめるのは、平均すると12歳頃からです。年々、早熟化の傾向が強まっていますので、性腺機能の発育においてもそれに沿って早くなると言えます。精神的な緊張などやセクシャルな刺激が原因で、多く汗が出ます。

    なので、そのような環境の中にいる人や圧迫感を感じやすい性格の人は、汗かきになりやすいため、わきの下あたりのにおいも強烈になりやすいのではないかと考えられます。普通よりも多くの汗をかく症状を「多汗症」と診断されます。多汗症の場合は、アポクリン腺だけでなく、エクリン腺も影響していると考えられているのですが、それからさらに濃いわき毛の人が多く見られます。

    Leave a Reply

      

      

      


    *

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>